転勤 マンション 売却

転勤で損をするのはどっち?マンション売却か賃貸か?

転勤はマンション売却理由の中でも多数

マンションを売却する理由は人それぞれです。

 

「手狭になったからもっと広い部屋に住みたい」という人や、「資金繰りが悪化したので現金化したい」という方もいます。

 

そのような理由の中でも「転勤」によるマンションの売却も多い理由の一つです。

 

しかし、他の理由と異なる点は、転勤なので「戻ってくる」という可能性もあるという点です。今回は、そんな転勤によるマンションの売却をテーマに、実際の売却体験談も踏まえた上でお話していきます。その他には、「空き家を上手く売る方法」と「連絡のやり取りが大変な場合の売却」についても質問が多いので、注意点やコツなどを紹介します。

 

目次

1.転勤するときは「賃貸」を考える人も多い
 1-1転勤する人が「賃貸」を考える理由
 1-2賃貸のデメリットとその対策


2.空室にしたことにより高く売れた!なぜ?
 2-1なぜ空き家の方がマンションは売り易いのか?
 2-2空き家状態でマンションを売却するときの注意点


3.連絡のやり取りが大変だった売却体験談


4.「任せられる不動産会社」を選ぼう


5.まとめ

 

1.転勤するときは「賃貸」を考える人も多い

まず、転勤を機に売却する人の特徴としては売却だけではなく「賃貸」も考える人が多いという点です。

 

1-1転勤する人が「賃貸」を考える理由

そもそも、なぜ転勤する人には賃貸を考える人が多いかと言うと、「戻ってくる可能性がある」と言う点と、「物件自体は気に入っている」と言う点です。会社やその人の状況にもよりますが、転勤になったとしても戻ってくる可能性もあります。

 

また、転勤という外部的要因によるものなので、物件自体が嫌になったり、売却しなければいけない切羽詰まった状況だったりするワケではありません。そのため、物件を売却しない方法を探っている方も多いため、転勤を機にマンションを売却しようとする人は、同時に「賃貸」も考えるのです。

 

1-2賃貸のデメリットとその対策

それでは、転勤を機にマンションを売却しようと思っている方が、賃貸を検討する注意点を紹介します。

 

・賃借人保護の観点が強い
日本では賃借人を保護する観点が強いです。簡単に言うと、そう易々と賃借人を追い出す事は出来ないという事です。勿論、「賃料を滞納する」や「賃貸借契約に重大な違反がある」などの場合には立ち退き請求が出来ますが、その状態ですら「明日出て行ってください」とは言えません。

 

ましてや、「転勤が終了したので戻ります。そのため、2か月後に出て言って下さい」などの言い分は通りません。つまり、転勤を機に家を「貸す」ことを選択した場合には、賃借人が意志を持って「出ていく」と言わない限りは、賃貸し続ける必要があるという事です。

 

・転勤を機に賃貸にするには?
前項のように賃借人は保護されているため、転勤を機に「いつか戻るから」という理由で賃貸にする場合は「定期借家契約」をお勧めします。定期借家契約とは、期限を決めて賃貸借契約を結ぶという契約形態です。その期限が来た場合には、賃借人の許可がなければ自動的に賃貸借契約は終了となります。つまり、定期借家契約の期限を「2年後の〇月〇日」としておけば、〇月〇日になれば、賃借人を立ち退かせる事ができるのです。

 

しかし、定期借家契約のデメリットは「賃料が下がってしまう」と言う点です。借りる側からすれば、その部屋を気に入ったとしてもずっと住む事が出来ないので、通常の賃貸マンションよりはデメリットが大きいです。そのため、相場賃料の8割程度の賃料まで下がってしまいます。その賃料でも利益が出る、もしくは利益が出なかったとしても定期借家契約を結びたい場合に検討してみましょう。

 

2.空室にしたことにより高く売れた!なぜ?

マンションの売却の時に多い質問として「空き家の状態の方がマンションは売り易いのか?」という質問があります。結論から言うと、空き家状態の方がマンションは売り易いです。

 

2-1なぜ空き家の方がマンションは売り易いのか?

空き家の方がマンションは売り易い理由は、「部屋が広く見える」と言う点と「案内がしやすい」と言う点です。空き家なので家具や家電が一切ありません。と言う事は露出している床面の面積が広いという事になります。目に見える床面が広いと、部屋全体が広く見えるという効果があるのです。

 

また、家具や家電がないため、見学者も気兼ねなく見る事ができます。中古マンションにおいてのデメリットである「生活感」がないため、クロゼットの中など普段見にくい場所も気兼ねなく見られます。そうなると、必然的に案内もしやすくなるのです。

>>その他のマンションを高く売るコツはこちら

 

2-2空き家状態でマンションを売却するときの注意点

空き家状態でマンションを売却するデメリットとしては、「家具配置が分かりにくい」と言う点です。居住中であれば家具や家電が置かれているので、家具レイアウトがイメージしやすいです。しかし、空き家状態ですと、何もない状態ですので家具レイアウトが想像しにくいのです。

 

そのため、対策として「図面に家具レイアウトを記入しておく」事と、「写真を撮っておく」事をしておきましょう。クリアファイルなどに図面を入れてその図面に家具のレイアウトを記入しておきましょう。それを見ながら見学すれば家具レイアウトをイメージしながら見学できます。また、家具・家電が置かれた状態の写真を撮影しておくのも効果的です。

 

3.連絡のやり取りが大変だった売却体験談

これは「転勤時の売却」にも繋がる話ですが、連絡のやり取りが大変な場合の、実際の売却体験談です。

 

仕事の関係で東京から大阪に転勤することになりました。転勤はある会社なのですが、そう多くはないので正直予想外ではありました。幸いまだ家族もいない状態でしたが、2年前に1LDKのマンションを購入してしまっていたので、そのマンションをどうするかが問題です。

 

色々考えた結果、不動産市況も良かったのでマンションは売却することにしました。ローンの残債が2,400万円残っており、諸々諸費用が100万円程度掛かるので、2,500万円以上で売れれば良いと考えていました。

 

ラッキーなことに査定額は2,600万円以上で、査定額通りで売る事が出来れば手元に資金が残ります。しかし、転勤の引継ぎなどで査定をするのも遅れてしまい、来月には大阪に行ってしまいます。そのため、鍵を預けて、全てを任せられる不動産会社に依頼しようと思っていました。

 

5社に査定依頼を出して実際に部屋を見てもらいました。その中で、査定額の根拠も明確で、且つ丁寧で正確な対応をしてくれた大手の不動産会社に売却を依頼することにしました。鍵の管理も会社として徹底しており、必ず2人体制で売却活動をしてくれると言っていたのが決め手になりました。

 

この不動産会社のお蔭で、大阪に転勤してからは契約の時に一度東京に戻っただけです。その他の手続きなどは不動産会社に任せる事ができ、非常に楽でした。しかも、相場とほぼ同じ金額の2,580万円で売却する事ができたので、大変満足しています。

 

このように転勤などを機に遠方へ行ってしまう場合には、信頼できる不動産会社にマンションの売却を依頼しましょう。セキュリティの問題もありますので、その辺りの対策をしっかり聞く事が大切です。

 

4.「任せられる不動産会社」を選ぼう

マンションの売却を安心して任せられる不動産会社を見つけて握手をするサラリーマンの様子

 

前項のように、「任せられる」不動産会社を選ぶ時のコツは「セキュリティ」と「連絡」です。セキュリティは上述したように、鍵を預かる方法や案内する時にどの程度の人員を割けるかが大切です。また、連絡については、頻度とボリュームです。遠方でありますので、顔を合わせて話す事は中々できません。そのため、電話やメールでキチンとやり取りできる会社かは、査定時の対応で見極める必要があります。

 

そのような不動産会社を見極める時には、イエウールという一括査定サイトを利用することをお勧めします。このサイトを利用すれば、一度物件情報を入力するだけで最大5社に査定依頼ができます。そのため、上記のような項目を比較して優劣を判断し易いです。また、イエウールは一括査定サイトの中でも一番多くの不動産会社が参画しています。

 

大手も地場業者も新興企業もたくさんありますので、上記の項目に合った不動産会社を選定しやすいというメリットもあります。

 

5.まとめ

このように、転勤による売却や空き家による売却、連絡がしにくい時の売却には色々と注意点があります。いずれも大事なことは不動産会社選びです。

 

状況に合わせて不動産会社の特徴を捉えた上で、不動産会社選びをする必要があります。一社だけでなく、一括査定サイトで複数を比較した上で不動産会社は選定しましょう。

コンテンツ

マンション売却を考え始めたらすることとは?

マンションを高く売るために気を付ける事

中古マンションを短期間で売るコツ

査定価格はどうやって出すの?

査定額は不動産・担当者で変わる?

売却相場を簡単に調べる方法

不動産会社を選ぶときの注意点①~査定額の根拠~

不動産会社を選ぶときの注意点②~営業マンの特徴~

悪徳な不動産業者の見分け方

査定体験談~実際査定してみました~

不動産の買取とは?どういう時がお得なの?

マンション売却時の仲介手数料は値引ける?色々な会社がある中で選ぶコツは?

マンション売却。媒介契約の種類とメリット・デメリットを徹底解説

マンション売却活動の前にはリフォームは必要?その他疑問点の解消

マンションを高く早く売るために、不動産会社と作戦を練ろう!

マンション売却における内覧のコツとは?~高く、早く売るために~

値引き交渉をされたとき、マンション売却価格を下げるのはどのタイミングが一番良いか

マンションの売却価格・期間は、広告で変わる!

高く、早くマンションを売るためにレインズ(不動産流通機構)を知ろう

こんな訳あり物件(マンション)を売りました!

こんな不動産会社には要注意!

マンションの売却契約をする時の注意点

マンション売却の決済をする時の注意点とは?

マンション売却にかかる税金とは?

投資用不動産の注意点~税金と確定申告~

相続に伴うマンションの売却

離婚に伴うマンションの売却

マンション買い替えの注意点

こんなマンションは売りにくい?

マンション売却体験談~住宅ローンが払えない~

転勤で損をするのはどっち?マンション売却か賃貸か?

マンション売却におけるトラブル回避策(よくある質問まとめ)

不動産の個人売買で多くが失敗する理由